過去のトピックス 2003年~2005年

●「くるまいすの旅」~障害をもって知った自然のやさしさ~

「私の体験をお話しすることで、病気や障害によって笑顔を失っておられる方と、その家族の方々が、もう一度笑顔を取り戻されるきっかけになれば本当に幸いです。」
著者:てらざわ ようすけ(本文あとがきより)
※ご購入のお問い合わせは、お気軽に弊社までご連絡ください。 発行日:2005年2月20日
発行所:(財)「小さな親切」運動大阪本部 「くるまいすの旅」表紙

 

●水道水中のアスベスト問題について、日本水道新聞に記事が掲載されました。

日本の水道水中にもアスベストが混入している可能性が指摘されています。経口摂取による健康被害については、これからの研究課題ということですが、大気中のアスベストによる健康被害は、発症まで30年から40年と言われており、気になるところです。

掲載日:2005年9月12日・15日

日本水道新聞 記事

 

●『いのちの迷い子』を推薦いたします。

弊社が開発したクリスタル・ヴァレー「超水素水」をご愛用いただいているお客様が、ご自身の悪性リンパ腫の闘病体験を絵本にまとめられました。とても良い本ですので、ぜひ皆様もお読みになってください。 ※絵本・超水素水のお問い合わせは、お気軽に弊社までご連絡ください。

発行所:日報印刷 いのちの迷い子表紙

 

●ビジネス情報誌「b platz press ビープラッツプレス 11月号」に弊社が紹介されました。

非常災害時にも役立つ家庭用浄水器の開発過程が紹介されています。ぜひ、ご一読ください。

発行所:大阪産業創造館 b platz press記事

 

●『危機管理産業展2005』に出展いたしました。

防災・防犯・リスク管理をテーマにしたこの展示会で、弊社の緊急災害用浄水装置に大変大きなご反響をいただきました。たくさんの皆様のご来場ありがとうございました。

期間:2005年10月19日~21日
会場:東京ビッグサイト

危機管理産業展2005 会場

 

●『大阪府・泉北地域 4市1町合同防災訓練』に出展いたしました。

この防災訓練は、住民による大規模地震を想定した実践的な合同防災訓練で、住民、自主防災組織、防災関係機関、大阪府をはじめとする行政機関が参加しました。弊社は、危機管理に最適な災害用浄水器を展示するとともに、実際に浄水装置の運転を行い、災害時に飲料水を造りだす様子をご覧いただきました。

開催日:2005年9月19日
会 場:堺市金岡公園
主 催:大阪府・堺市・泉大津市・和泉市・高石市・忠岡町

合同防災訓練 合同防災訓練 合同防災訓練

 

●『NEW 環境展』(大阪会場)に出展いたしました。

開催日:2005年9月7日~10日
会 場:インテックス大阪

● 新製品「災害用浄水装置」が、報道テレビ番組で紹介されました。

災害時に、河川水や海水を浄水して飲料水を造りだす様子が放送されました。

番組名:「読売 ザ KANSAI」
放映日:2005年8月30日・9月1日

番組名:「関西トピックス」
放映日:2005年8月29日・8月30日
読売 ザ KANSAI 関西トピックス 読売 ザ KANSAI 関西トピックス 読売 ザ KANSAI 関西トピックス

●『第10回 水シンポジウム in おおさか』に出展しました。

開催日:2005年8月18日
会 場:大阪国際会議場
主 催:土木学会水工学委員会、国土交通省近畿地方整備局、大阪府、大阪市

●弊社の海水淡水化装置の開発に、財団法人新技術開発財団より助成金を賜りました。

海水淡水化装置の開発に対し、財団法人新技術開発財団より我が国の新産業・科学技術の新分野等を醸成開拓し、国民生活の向上に寄与することを目的とした、『独創的な新技術の実用化』に新技術開発助成金を賜りました。
昭和43年度から456社が認定を受けていますが、そのうち安全な飲料水化事業への助成は初めてのことです。より一層、皆様のお役に立てる技術とその実用化に向けて精進してまいります。

※財団法人新技術開発財団とは、「リコー三愛グループ」各社を統括する市村 清氏の提唱により設立されました。総裁:三笠宮寛仁(みかさのみや ともひと)親王殿下、会長:牛尾 治朗氏(ウシオ電機株式会社・会長)

財団法人新技術開発財団のホームページ

新技術助成金授賞式の様子 新技術助成金 贈呈書

●『雨水東京国際会議』にて、災害用浄水装置の新製品発表を行いました。

『雨水東京国際会議』にて、「緊急災害用 小型軽量可搬式 全水域対応型 安全飲料水化装置」(プロトタイプ)を展示発表しました。

期間:2005年8月1日~7日
会場:すみだリバーサイドホール他
後援:国土交通省、東京都他 雨水東京国際会議のポスター

●「自然と健康 7月号」に紹介されました。

クリスタル・ヴァレー浄水器と簡易水質検査試験紙「クリスタルチェック」が紹介されました。

発行:日本ジャーナル出版 自然と健康 表紙

●情報テレビ番組「click!(クリック)」で、弊社製品が紹介されました。

番組では、宇宙技術を使った浄水器として「家庭用浄水器クリスタル・ヴァレー(CV-1500SR)」が紹介され、牛乳を真水に変える様子に出演者の方からも驚きの声があがりました。

番組名:「click!(クリック)」
放映日:2005年6月2日
放映局:日本テレビ

クリック! 画像 クリック! 画像

●テレビ番組『爆笑おすピー大問題!!』に弊社製品が登場しました。

番組には、「海水・かん水淡水化装置」 「家庭用浄水器クリスタル・ヴァレー(CV-1500SR)」が登場!! 海水に始まり、オレンジジュースはもちろんのこと、ビール・墨汁までも飲み水に変える、その驚異の浄水力に出演者の方々より、「クリスタル・ヴァレー小型があれば大丈夫」との嬉しいコメントもいただきました。

番組名:「爆笑おすピー大問題!!」 2時間スペシャル「日本の未来を救え!」
放映日:2005年 3月30日
放映局:フジテレビ系列全国27局ネット

爆笑おすピー大問題 画像 爆笑おすピー大問題 画像 爆笑おすピー大問題 画像

●JICA(ジャイカ:独立行政法人 国際協力機構)様に採用していただきました。

JICA(ジャイカ:独立行政法人 国際協力機構)様に、ガラパゴス諸島で活躍される研究員の方々の安全を守る飲料水の確保用として 、クリスタル・ヴァレー浄水器が採用されました。

●宇井純先生について

「水は地球上でおそらく最も不可思議な液体であろう。その水の特殊な性質のおかげで 生命が地球上に発生し、進化し、その頂点に私たち人間が存在する。水がなかったら人間はせいぜい数日しか生きられない。地球の温度条件をほぼ一定に保っているのも水の循環であり、地球上のあらゆる活動、変化から生ずる廃熱を捨てているのも水の循環である。その水を我々現代人はあまりにも乱暴に使ってきたのではないか。」 という宇井純先生の「水」地球環境問題への思いが弊社設立時の原動力になっています。

先生がいつも話されていた「人生には自然を破壊したり、人々を苦しめたりしないで済む、そういう選択をする機会が必ずある。もし人が生涯にたった一つでいい、本当によかれと思う選択をしてくれたなら、この社会はきっと変わるはずだ。人生2度なし、自分が気付いた時こそ、勇気をもって実行しよう。」という内容のお言葉が挨拶文に書かれていました。叱咤激励いただいた先生の笑顔が目の前に浮かびます。心より、宇井純先生のご冥福をお祈り申し上げます。

【宇井純先生 プロフィール】
1932年生まれ。東京大学大学院で応用化学と土木工学を研究。
1959年 水俣病の水銀説を調べ始め国を動かした。
1965年 東大工学部都市工学科助手に。
1970年 公害の研究・調査結果を市民に直接伝える場として自主講座「公害原論」を開講。以後15年にわたって講座を続け、環境問題に関わる市民、科学者の拠点となった。
1986年 沖縄大学でも公開講座を開講される。
2003年 沖縄大学名誉教授。
2006年11月11日午前3時34分胸部大動脈瘤破裂のため東京慈恵会医大病院にてご逝去されました。

宇井純先生と弊社代表 いつもお世話になっている宇井純先生の 記念講演(2004年8月29日「日本の水はよみがえるか」)時に弊社代表と。

 

●驚異の科学シリーズ 地球環境白書『最新・今「水」が危ない』に浄水器が紹介されました。

現在の浄水器についても詳しく説明されています。逆浸透膜浄水器のメリット、デメリットも解りやすく解説されています。弊社のクリスタル・ヴァレー浄水器も紹介されていますので、是非ご一読ください。

※弊社は、逆浸透膜のデメリットをミネマリンフィルターを使うことによって、メリットにしています。
発行所:株式会社学習研究社 地球環境白書 表紙

 

●「すいた環境教育フェア2004」~守りつづけよう!水・空・緑~に参加しました。

弊社は「水燃料電池」を展示、実験で参加しました。
開催日:2004年6月19日
会 場:メイシアター(吹田市文化会館) 吹田環境教育フェア

 

●武術家 甲野 義紀先生にもクリスタル・ヴァレー浄水器をご愛用いただいております。

甲野先生はNHK教育テレビの人間講座で『「古の武術」に学ぶ』の講師としてもご活躍されています。先生の身体運動法は、 プロ野球の桑田真澄投手をはじめ、サッカー、バスケットボール、陸上競技など数多くのアスリートに活用されています。先生の古武術に関する著書は数十冊に及び、書店でも大好評です。ぜひとも先生の著書をご一読ください。

 

●花岡 哲象画伯にもクリスタル・ヴァレー浄水器をご愛用いただいております。

花岡 哲象画伯は、クリスタル・ヴァレー水を使って日本画を描かれています。

 

●日経エコロジー11月号に掲載されました。

「今月のワザアリ企業」にクリスタル・ヴァレー浄水器が掲載されました。
発売日:2003年10月8日

日経エコロジー 表紙 日経エコロジー 記事

 

●「月刊あれこれ 」6月号に掲載されました。

~浄水器の選び方/いくらで安全が得られるか?~
「あれこれ図鑑シリーズ」で、東京と大阪の「ガンと水道水の深い関係」を紹介。発ガン率を高める一因となっている有害物質として、 硝酸性窒素、トリハロメタン、陰イオン界面活性剤などを取り上げている。これらを除去する浄水器はどのように選べばいいのだろうか?この記事の中で、弊社のクリスタル・ヴァレー浄水器が取り上げられました。

月刊あれこれ 記事 月刊あれこれ 表紙

 

●工学博士 西村正人先生がニューメディカ・テックの顧問に就任されました。

 

●「財界展望」6月号の記事に弊社が掲載されました。

財界展望は2002年から「日本の水が危ない」の特集を組んでいました。
その6月号に、ニューメディカ・テック株式会社の名前が取り上げられ、財界展望「水が危ない」シリーズを担当したジャーナリスト山尾準さんにインタビューし、「市販されている浄水器の中で貴社の逆浸透膜浄水システムが最高であることを確認しています。」との嬉しいコメントをいただきました。

財界展望 記事 財界展望 表紙

 

●「モーニングサテライト」で紹介されました。

「モーニングサテライト」でクリスタル・ヴァレー浄水システムについて放送されました。
放映日:2003年4月7日
放映局:テレビ東京(テレビ大阪)

 

●「第3回 世界水フォーラム」が開催されました。

「水に関するワークショップ in 大阪」に展示させていただきました。
期間:2003年3月16日~3月23日
場所:京都・滋賀・大阪

OWF(ワン・ワールド・フェスティバル)環境部会に協賛しました。
期間:2003年3月20日~3月22日
会場:グランキューブ大阪(大阪国際会議場)

「水のEXPO」エア・ウォーター株式会社と共同展示しました。
期間:2003年3月18日~3月22日
会場:インテックス大阪4号館