沿革

■会社沿革 1995年~現在

1995年4月 吹田市江坂にて会社設立。
(水処理及び水質分析関係の研究プロジェクトを開始)
浄水器の製造・販売。供給側でなく利用側での浄水使用。
ポイントオブユース(POU)やポイントオブエントランス(POE)での浄水装置使用を推進。
テレビ出演・取材協力を精力的に行う。
汚染水の現状を説明、現場まで取材にお連れすることも。
テレビ出演も増え、マスコミの認知度が高まる。
1998年8月 逆浸透膜方式の家庭用浄水器「CV-2000R」を開発。 1998年12月 株式5,500万円に増資。
1999年実績 厚生省大型補正予算「保育部門 乳幼児対策機器」としてクリスタル・ヴァレー浄水器が採用される。
2000年1月 株式8,000万円に増資。
2001年実績 千葉市浄水器設置補助助成対象機種にクリスタル・ヴァレー浄水器「全機種」が認定される。
2001年 1月 ミネマリンフィルター(天然サンゴ化石使用)の販売開始。 2004年実績 八千代市浄水器設置補助金交付事業でクリスタル・ヴァレーが指定機種として認定される。
2006年 8月 JAXA「宇宙オープンラボ」認定「宇宙で安心して飲める飲料水製造装置に関する研究」の開発リーダーとして共同研究開始。(2008年11月まで)
2006年 9月 JAXAとの「JAXA」ロゴマークの許諾を受ける。
2008年 6月 JAXAよりスピンオフした技術として「JAXA COSMODE PROJECT」の許諾を受ける。(2014年3月まで)
2009年11月 株式1,020万円に減資。
2010年12月 本社を現在地に移転。
2011年 4月 東日本大震災後、被災地に災害用浄水機を無償貸与。 2011年 4月 テレビ東京「ガイアの夜明け」で当社の浄水機が放射性物質除去可能と紹介されました。
2012年 6月 BSジャパン「アジアの風」~命の水をアジアに~当社が紹介されました。
2014年 4月 「NHK WORLD Science View」「日本の匠」(Japan-Innovator)で紹介されました。
2014年 7月 当社代表がNHK教育テレビ高校講座「水から地球を考える」に出演・解説しました。
2014年 8月 「24時間テレビ 愛は地球を救う~小さなキセキ、大きなキセキ」大阪会場へ出展しました。
2014年11月 防衛省 技術研究本部「安心水プロジェクト~飲みたくても飲めない水もある」において、当社クリスタル ヴァレー浄水機CV-105JT+災害対応フルキットZ-3Sが国内NO.1浄水機として総合優勝しました。
2014年12月 新商品 水素水生成スティック「超水素水ミレーム」を販売開始 。
2015年 5月 当社浄水機 全機種が、公益社団法人 危機管理協会CMA 認定商品となりました。  
2015年6月 NHK 総合テレビ  「ルソンの壺」で当社が紹介される。
2015年8月 株式4,340万円に増資。
2016年4月 弱酸性次亜塩素酸 除菌消臭水「ピュアクリン®」を販売開始。
産経新聞 大阪夕刊の一面に当社の熊本地震 南阿蘇村での給水支援についての記事が掲載される。
読売テレビ「かんさい情報ネットten」で当社の熊本地震 南阿蘇村での給水支援の様子が紹介される。
2016年5月 TBSテレビ総合情報番組「ひるおび」で当社の熊本地震 南阿蘇村での給水支援の様子が紹介される。
2016年8月 eo光テレビ「技術立国 日本!」で当社が紹介される。
2016年11月 MOBIio(ものづくりビジネスセンター大阪)「MOOV,press 2016,NOV.Vol.018」で当社浄水器が紹介される。
2016年12月 日経産業新聞に当社の浄水器が紹介される。
DHCシアターで当社で当社の危機管理産業展2016の様子が紹介される。 

TOPにもどる


おいしい水との出会い クリスタル ヴァレー浄水機