浄水器の現状

●浄水器の性能比較

活性炭使用浄水器

塩素やトリハロメタンなどを効果的に除去できますが、性能がすぐ落ちるため、かえって逆効果の危険性があります。また、水銀やカドミウム等の重金属や、硝酸性窒素、亜硝酸性窒素などの細菌には全く無力です。カートリッジの交換時期も比較的短いです。

 

マイクロフィルター使用浄水器

マイクロフィルターは活性炭の代わりとして、または活性炭と同時に使用する化学繊維のフィルターです。 代表的なものに「中空糸膜」があります。ろ過面積が大きく、雑菌や分子量の大きな有機物・塩素・鉄などは除去できますが、亜硝酸性窒素・クリプトスポリジウム・ウイルス・トリハロメタン・環境ホルモン物質などの有機化合物は除去できません。 また目づまりを起こしやすいため、頻繁にカートリッジ交換をする必要があります。

 

アルカリイオン浄水器

電気分解でアルカリ性・酸性の水を作るものですが、その効果には疑問が残りま す。アルカリイオン水は胃酸を薄めるため、消化・分解力・消毒力を弱めると言われています。その他、カルシウム補給効果などについては1日に必要な量から 考えると供給源としては期待できず、酸性水の殺菌力においても、全く期待できません。 「アルカリイオン水が活性酸素を消去する」と発表されましたが、レモン汁やお茶・人のだ液の方がもっと多くの活性酸素を消去できます。

 

セラミック使用浄水器

陶器にあいている細い穴を使用して、不純物を除去しているセラミックは、品質にばらつきがあり、有機塩素化合物・クリプトスポリジウムなどの除去は期待できません。

 

イオン交換樹脂使用浄水器

ヨーロッパのような硬水に対しては効果的ですが、日本の軟水にはあまり向いておらず、塩素・鉄などは除去できますが、雑菌・トリハロメタン等の有機化合物や炭素化合物は除去できません。

TOPにもどる


おいしい水との出会い クリスタル ヴァレー浄水機