防災・BCPについて

bcp❖第11回エコアクション21全国交流研修大会「防災・BCPハンドブック」執筆。

 私たちが安全で豊かな生活を営むために、人と自然との関係を再構築し、持続可能な社会の推進が求められています。 過去に発生した、南海トラフ巨大地震や首都直下地震では、国の根幹となる社会基盤が崩壊したことから、超巨大災害に備え、国は平成25年12月「国土強靭化基本法」を制定しました。これに合わせ環境省とも連携して、健全な生態系が有する防災・減災機能を積極的に活用する「防災4.0」未来構想プロジェクトを平成27年12月に発表しました。さらに、内閣府は国土強靭化の趣旨に賛同し、BCPへの取組を積極的に行っている事業者を「国土強靭化貢献団体」として認証するガイドラインを制定。この規定に適合する事業者を「レジリエンス認証」する制度が平成28年4月から始まりました。日本政策投資銀行もこの制度に呼応し、新BCM格付として防災およびBCPへの取組に優れた事業者に対して、特別融資する世界で初めての融資制度を平成28年8月より開始しました。

過去の経験を踏まえ、国が行う「公助」だけでは、補いきれない巨大災害に備え、国民による「自助」や「共助」の推進を求めています。今回、第11回エコアクション21全国交流研修大会の目玉として、審査や構築支援での助言に役立つ事例や着眼点、資料等をハンドブックにまとめ、「防災・BCPハンドブック」編纂リーダーとして当社代表、前田芳聰が執筆いたしました。このハンドブックは、自然と人がよりそって災害に対応する考え方と、事業者の皆さまへの助言の際に参考となる基礎的な最新情報をまとめたものです。ぜひご活用ください。

防災・BCPハンドブックはこちらから→PDF

第11回エコアクション21全国交流研修大会 
講演資料はこちらから→エコアクション21 中央事務局


おいしい水との出会い クリスタル ヴァレー浄水機