インフルエンザ対策

inインフルエンザ予防(風邪予防)で一番大事な事は、家や施設内にウイルスを持ち込まない事です。ピュアクリンを活用して健康な毎日を手に入れましょう。

【インフルエンザウイルスの感染経路】
ウイルスは粘膜から体の中に侵入してきます。主に目・鼻・口です。冬場の時期は特に湿度が低くなり空気が乾燥します。また夏場でもエアコンなどで空気はかなり乾燥します。この乾燥こそがウイルスの繁殖を増やしてしまう環境となります。就寝時は口を開いている事が多いので、喉や鼻が乾燥して異物を排出する繊毛の働きが鈍るのでウイルスにとっては体内に入り込む絶好のチャンスなのです。ということから睡眠中が特にウイルスに感染する確率が高くなるのです。また、基本皮膚からの侵入は無いのですが傷があると「傷口」からも侵入してきます。粘膜を常に清潔にしておくことが大事です。

対策① 手洗い
手のひらからは感染しませんが、ウイルスの付着した手で目をこすったり、手でつかんだ物を口に入れたりする体で体にウイルスを侵入させてしまいます。よく手を洗った後ピュアクリンを手のひらにスプレーして擦り込んでください。
対策② 除菌・うがい
「家の中に持ち込まない」「ウイルスを体に侵入させない」これが基本です。外出中洋服にウイルスが付着していますので、帰ってきたら衣類全体に噴霧します。またピュアクリンで30秒ほどうがいをします。
対策③ マスクを着用
咳やくしゃみなどの飛沫から感染を防ぐために、できるだけ外出される場合はマスクを着用した方が良いでしょう。使用後はウイルスが付着しておりますのでピュアクリンをまんべんなくスプレーしておきましょう。またピュアクリンを携帯して外出先でもマスクにスプレーすると、より効果的です

inn


おいしい水との出会い クリスタル ヴァレー浄水機