水をきれいにするしくみ

膜の構造は下図のようになっています。 逆浸透膜の構造
 

フィルターハウジング(フィルターケース)の中には、メッシュスペーサー・逆浸透膜・透過水流路材が透過水集水パイプに巻かれたものが入っており、フィル ターハウジングに入った原水は、圧力をかけることによって、メッシュスペーサーに沿って原水が流れ、逆浸透膜を透過し、きれいな水となって、透過水流路材 に沿って中心にある透過水集水パイプに流れ込みます。 クリスタル・ヴァレー浄水器の逆浸透膜の細孔(約0.0001ミクロン)は、水中の最も微小なウイルスよりもはるかに小さいので、通常の浄水フィルター(中空糸膜・活性炭など)では除去できない有害物質の除去も可能になります。(除去できない物質もあります)

 

フィルターが長持ちするしくみ

逆浸透膜方式は、フィルターに水圧をかけることで「きれいな水」と「そうでない水(廃棄水)」とに分離し、フラッシング洗浄を行うことで不純物は排水として外に排出されますので、フィルターが目詰まりしにくく、他の浄水器と比較して交換時期も長く、衛生的です。

 
フィルターが長持ちするしくみ