大阪環境カウンセラー協会が、第1回 環境カウンセラー環境保全活動表彰事業者部門「環境大臣賞」を受賞しました。

◆大阪環境カウンセラー協会に登録されているメンバー全員の環境活動が、環境省に認められ「第1回 環境カウンセラー環境保全活動表彰」において、事業者部門「環境大臣賞」を受賞しました。

発表→https://www.env.go.jp/press/106542.html

受賞者リストPDF
発表→https://www.env.go.jp/press/files/jp/110981.pdf

①日時:平成31年3月22日(金)16時30分~17時30分
②場所:中央合同庁舎第5号館22階 環境省第1会議室
(東京都千代田区霞が関1-2-2)

第1回 環境カウンセラー環境保全活動表彰、
大阪環境カウンセラー協会(OECA)事業者部門の環境大臣賞 授賞について
・「有力なエコアクション21地域事務局としてエコアクション21普及に大きく貢献するとともに、所属環境カウンセラーの豊富な専門知識を生かして中小企業の多様なニーズに合わせた環境経営支援を行っている。」

・「我が国の環境カウンセラー団体として模範となる多様な活動を幅広く展開し、団体として、また、カウンセラー個人の活動として模範ともなっている。」と付記されています。

OECAに所属する、私たちの環境保全活動の成果が多くの方々に認められたということは、とても栄誉のあることと、うれしく思い、感動しております。

名誉ある「第1回の環境大臣賞」をOECA設立20周年の節目の年度にいただけたことは、今後の活動にも弾みがつくことになると確信しています。

環境カウンセラー協会 監事兼任理事
前田 芳聰(まえだよしあき)

※第1回環境カウンセラー環境保全活動表彰とは
今年度より、「特に優れた環境保全活動を行った環境カウンセラー(※)に対して、その活動をたたえ、社会に広く知らせるため、環境大臣から表彰状を授与されることになりました。」

※環境カウンセラーとは
・環境カウンセラー登録制度は、自らの知識や経験を活用して市民やNGO、事業者などが行う環境保全活動に対し助言等を行う者のうち、一定の要件を満たし助言(カウンセリング)できる
人材の中から、環境省が実施する審査を経て「環境カウンセラー」として登録されています。
この登録制度は平成8年に環境庁告示に基づき創設されました。

・環境カウンセラーは、環境保全に長年携わり、豊富な知識と経験を持つ人材として、環境省の所定の審査を経て登録された人々です。環境教育・地球環境問題・リサイクル・エネルギー・環境マネジメントシステム・その他、企業などで環境管理・環境保全のための具体的な取り組みおよび計画作りの実績などがある方や、地域の環境保全活動の実務および企画運営の実績などがある方が登録され、全国各地で活躍しています。

・事業者部門は、主に企業等、事業者の方のカウンセリングを対象としたカウンセラーです。

・市民部門は、主に地域、学校等、市民の方のカウンセリングを対象とするカウンセラーてす。

s-IMG_1178原田義昭 環境大臣 s-IMG_1242環境省 総合環境政策統括官 中井 徳太郎氏 s-IMG_1198原田義昭 環境大臣と大阪環境カウンセラー協会(OECA)事務局長 水藻 英子 氏(表彰代表者として) s-IMG_1262

左から
環境カウンセラー全国連合会(ECU)
理事長 佐々木 進市氏
大阪環境カウンセラー協会(OECA)
監査兼任理事 前田 芳聰(まえだ よしあき)
事務局長 水藻 英子 氏
副理事長 宇田 吉明 氏
環境カウンセラー全国連合会(ECU)
常務理事 竹本秀人 氏