水中の有害物質

水道の蛇口現在の水道水や、市販のミネラルウォーターにさまざまな有害物質が含まれていることは、みなさんもご存知だとは思いますが、では実際に人体にどのような害を生じさせるものなのか、実例をあげて説明していきましょう。

アスベスト アスベスト(石綿)は、水道管に混合されて使われていたもので、現在でも日本全国の配管の6%に使われています。水道統計によると東京で12%、千葉県のある市では、なんと52%の割合で存在しているといわれています。 影響:胃ガンや肺ガン等の原因となります。
溶解性鉛 溶解性鉛は水道管や水道メーターのL管、地下水の汲み上げパイプなどの鉛管から溶出します。
トリハロメタン 水道の原水に含まれる有機物と、浄水場で消毒に用いられる塩素が反応してできる有害物質です。 影響:発ガン等の原因となります。
ホルムアルデヒド 塩素処理の際に遊離塩素とフミン質が反応してできる消毒副生成物です。合成樹脂や染料製造工場の廃水・排ガス、土木工事用薬剤等が水道、水源に入ることもあります。 影響:呼吸困難、めまい、嘔吐、胃けいれん、口腔及び胃に炎症
亜硝酸性窒素 硝酸性窒素 体内で発ガン性物質に変化。
農薬 日本ではなんと欧米の6倍以上の大量の農薬が使われています。ダイオキシン系のものは体内に一度取り込まれると排出されることがなく、唯一排出されるのが、母乳という皮肉な結果であり、子孫への影響が懸念されます。 影響:発ガン等の原因となります。
放射性物質 ウラン、コバルト、ラジウム、ラドンなど。核実験等により大気中に放出されたものが、雨等とともに水道水源に入るものや放射性物質を取り扱う施設や自然鉱脈などから流入します。 影響:発ガン性があり白内障や白血病等の原因にもなります。
クリプトスポリジウム 大腸菌の69万倍の強さ!
緑膿菌 アトピー性皮膚炎の症状悪化を増幅。
ダイオキシン 農薬や廃棄物の焼却施設から水道原水に流入したり、農薬やパルプ工場、化学工場などの排水が浄水場で消毒に用いる塩素と反応して生成されます。 影響:発ガン性や環境ホルモン物質として作用し、微量でも生命体に悪影響を与える恐ろしい化学物質です。
ヒ素 金属の鉱脈からでる自然ヒ素が水道水を汚染したり、防腐剤、防アリ剤、農薬などが水道水源に流入しています。 影響:発ガン・消化器系、肝臓、皮膚粘膜の障害・貧血等の原因となります。
アルミニウム 影響:痴呆症やアルツハイマー病など神経性疾患との関連が指摘されています。
環境ホルモン 影響:約70物質に内分泌攪乱作用が疑われる化学物質があり、非常に微量でも作用し蓄積するものがあります。
テトラクロロエチレン トリクロロエチレン 影響:肝機能障害、黄疸、嘔吐、頭痛、一時的意識不明
病原性微生物 ウイルス 影響:食中毒や激しい下痢・腹痛を起こし、死に至ることもあります。
ハロ酢酸類 影響:肝毒性、発がん性の疑い

TOPにもどる


おいしい水との出会い クリスタル ヴァレー浄水機